外付けhddに不具合が生じた時は|知っておくと安心

メールだけの使用は危険

キーボード

送信時のセキュリティ

会社では複数のメンバーが仕事をしています。社内メンバーはもちろんのことクライアントなどの取引先とも関わりがあります。メンバー間でデータ送信を行うにはメールを使用するのが一般的です。しかしデータ送信には大きなリスクが伴います。一つは宛先間違いによる情報の流出です。注意すれば防止することは可能ですが、人間が行うことにミスはつきものです。データを誤って送信することもリスク管理しなければなりません。そしてメールの場合データを傍受される可能性もあります。自動にメールソフトを操る事ができる場合もあります。重要な情報を取り扱う時こそメール以外の送信手段も検討しておくことがセキュリティ事故を未然に防止することにつながります。

案件によって使い分ける

メールで送信する場合には、宛先確認ソフトなどを導入して添付ファイルの確認や宛先を二度確認するなどうっかりミスを防止することが大事です。そしてパスワードを添付ファイルにはかけることです。本文に機密情報を書くことはNGです。添付ファイルのパスワードを別送することでリスクを防止できます。自動でパスワードを設定してくれるソフトもありますので活用すると効果的です。メール以外のデータ送信方法もあります。クラウドなどログインしてデータを読みに行くことができるソフトや一定の人しかアクセスできない専用ネットワークフォルダなどの活用です。特に個人情報が含まれているファイルは例えメールで送信できる容量であったとしても、メール以外での方法でデータ送信することが大事です。