外付けhddに不具合が生じた時は|知っておくと安心

効率の良いファイルの送信

ファイル

普段何気なく活用しているインターネットやメールでは、接続回線を経由して様々なデータやファイルが通信されています。手軽にファイル送信をする方法もありますが、心配であれば専門業者の活用が必要になります。

More...

パソコンのトラブル解決法

周辺機器

PCのトラブル解決の工夫

パソコンの製造技術は進歩しており、以前と比べると故障することは少なくなっている。しかし、ハードディスクは消耗品であるため、5年前後で故障することが多い。パソコンの周辺機器の外付けhddも寿命は5年程度である。使用後5年以上を経過している外付けhddは、不具合を起こす確率が高くなる。パソコンのハードディスクや外付けhddが不具合を起こすと、内部に保存していたデータが読み出せなくなる。ハードディスクに保存していたデータが読み出せない時には、データ復旧の業者に頼むと、故障したハードディスクからデータを読み出してもらえる。読み出したデータはSDカードに入れてもらえるので、大事なデータを消失することはなくなる。

パソコンのトラブルの特徴

パソコンのパーツの中でトラブルが多いのは、メモリーとハードディスクである。パソコンを使用しているとメモリーに熱が溜まるため、熱の影響でメモリーは破損しやすい。パソコンの内部のハードディスクや外付けhddは、絶えず動いているパーツであるため、不具合の発生が非常に多い。新品のハードディスクでも3年ほど経つとカリカリと音が鳴るようになり、5年以上経つと不具合が多くなる。パソコンを使用する際には、ハードディスクはいつかは壊れると認識し、データのバックアップを行うことが非常に大事になる。データのバックアップを怠っていると、ハードディスクに不具合が発生した時には、保存していたデータが消失するので注意が必要である。会社の業務に関する重要なデータや顧客リストなどは、複数の媒体で保存しておくのが望ましいだろう。データ復旧業者にデータの復元を依頼するとある程度、復元に時間が掛かるのが一般的である。万が一の事態に備えて、データ復旧を依頼できるように業者の下調べは行なっておくのが良いだろう。

メールだけの使用は危険

キーボード

会社ではデータ送信を頻繁に行っています。しかし一般的なデータ送信はメールで扱われることが少なくありません。メールは簡単に送信できる反面宛先間違いなどリスクも大きくなっています。送信する内容によって使い分けることが大事なのです。

More...

バックアップに最適なのは

PC機器

hddコピーを行う場合、無料ソフトを利用する人がいますが、無料ソフトの場合は上手にコピーが出来ないこともあります。なので、自身で上手にコピーが出来るか心配な場合は、専門業者に依頼しましょう。専門業者に依頼すればスムーズにいきます。

More...